千葉県、旭市・銚子市・匝瑳市・香取市・神崎町・多古町・東庄町の不動産売却に関するFAQ

TOP > 不動産売却QA

不動産売却QA

中古マンションの所有権移転等の手続き(海外赴任中)

質問
お問合わせ内容【No.174】

海外赴任中の中古マンションを所有しておりますが、所有権移転等の手続きは、どのようにしたら良いのでしょうか?

住所を赴任先の海外に移転しており、住民票・印鑑証明書は日本国内では発行できません。
回答
回答【No.174】

お問合わせ有難うございます。

香取市 不動産売却専門 イエステーション旭店です。

海外には印鑑制度がありませんので、確かに印鑑証明書は取得できないですよね。

そこで、印鑑証明書に代わる「サイン証明書」もしくは「署名証明書」を居住している国の公館(大使館・領事館)に行き、発行していただく必要があります。

他にフィンガープリントと呼ばれる「拇印証明書」も併せて必要となるケースもあります。

また、住民票の代わりとしまして、在留している証明で「在留証明書」も同じように発行してもらう必要があります。

今回のようなケースは、今後グローバル化している世界経済の中で、起こりうる問題だと感じました。

詳しくは、

香取市 不動産売却専門 イエステーション旭店にご相談下さい。

 

▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼

旭市・銚子市・匝瑳市・香取市・神埼町・多古町・東庄町の不動産の売却や
空地・空家に関するお悩みはイエステーション旭店へご相談下さい。

▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼

中古マンションの所有権移転等の手続き(海外赴任中)に関連する相談例

不動産売却に関するお問合せ受付中!

不動産売却を考えている方を応援!お気軽にご相談ください。

不動産売買相談百科は、売却に関する専門知識を持った担当者がお答えいたします。
下記注意事項をご確認後、必須項目にご記入の上、お問い合わせください。

お名前(ハンドルネーム可)必須
メールアドレス必須
お住まいの都道府県任意
お住まいの市区町村任意
ご相談内容必須

注意事項

※ご返答に、多少のお時間(1週間程度)がかかる場合がございます。

※頂いたご質問に、全てに、お答えできない場合もございます。

※頂いたご質問は、個人を特定されない形で、公開させて頂くことがございます。