千葉県、旭市・銚子市・匝瑳市・香取市・神崎町・多古町・東庄町の不動産売却に関するFAQ

TOP > 不動産売却QA

不動産売却QA

旧法借地権と更新料及び更新期間について

質問
お問合わせ内容【No.353】

親が建てた借地に住んでいます。

最近「旧法借地権」と言う言葉を聞きました。

区別が分かりません。

3年後に借地期間がきれますが更新料は支払わなくてはなりませんか?
回答
回答【No.353】

ご相談頂き有難うございます。

銚子市 不動産売却専門 イエステーション旭店です。

1992年に借地借家法が施行されました。1992年8月1日以前からある借地権は旧「借地法」が引続き適用になります。

この借地権を「旧法借地権」と言い、お客様の借地もおそらくこれに該当します。

3年後の借地の更新料ですが、実は、更新料の支払い基準はありませんので、過去の慣例実績に基づきご説明します。

地主側からは、概ね借地権価格の10%を希望され、借地人側からは、概ね借地権価格の5%を希望されました。

結果、地主様と借地人様の話合いで決められているようです。

それでは「更新料」は更新時に支払う必要があるのでしょうか?

借地契約書に更新料の支払う特約があれば契約に基づき支払わなくてはなりません。

特約に、特に定めが無い場合は、更新料の支払う法的根拠はありません。

(S51,10,1最高裁判時835号)

更新料の支払う根拠が無い旨判例がでています。

但し、法定更新期間内に建物の建替え又は増改築される場合地主より建替え承諾を得られない事が考えられます。

更新料支払う法的根拠はありませんが建替え時に備え、地主に気持ちよく建替え承諾頂くには、更新期間に建替承諾料と更新料含め地主と話合いをされるのが賢明ではないでしょうか?

更新期間についてご説明します。

旧借地権の場合、堅固な建物の場合  30年

(石造、レンガ造、土造、コンクリート造、ブロック造等)

非堅固な建物の場合 20年

(木造など)

これより短い期間で定めた場合は「定めのない期間」になります。

定めのない期間は下記になります。

堅固な建物の場合    60年

非堅固な建物の場合   30年

*「期間の定めがない」場合でも無期限というわけではありません。

新法借地権の期間

更新1回目 20年

更新2回目 10年

期間の延長は当事者間の話合いで決められます。

旧借地法の建物が朽廃(老朽化で使用できない状態になった場合)

存続期間に定めがある場合   借地権は消滅しません

存続期間に定めがない場合   借地権は消滅します

建物が滅失した場合      第三者に対抗借地権の効力を対抗出来ない

以上お客様の事情に合わせ地主様と話合いをしてください。

決して地主様と「けんか」をしないでください。

長い年月では借主が不利になる傾向です。

 

詳しくは、

銚子市 不動産売却専門 イエステーション旭店にご相談下さい。

 

▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼

旭市・銚子市・匝瑳市・香取市・神埼町・多古町・東庄町の不動産の売却や
空地・空家に関するお悩みはイエステーション旭店へご相談下さい。

▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼

不動産売却に関するお問合せ受付中!

不動産売却を考えている方を応援!お気軽にご相談ください。

不動産売買相談百科は、売却に関する専門知識を持った担当者がお答えいたします。
下記注意事項をご確認後、必須項目にご記入の上、お問い合わせください。

お名前(ハンドルネーム可)必須
メールアドレス必須
お住まいの都道府県任意
お住まいの市区町村任意
ご相談内容必須

注意事項

※ご返答に、多少のお時間(1週間程度)がかかる場合がございます。

※頂いたご質問に、全てに、お答えできない場合もございます。

※頂いたご質問は、個人を特定されない形で、公開させて頂くことがございます。