千葉県、旭市・銚子市・匝瑳市・香取市・神崎町・多古町・東庄町の不動産売却に関するFAQ

TOP > 不動産売却QA

不動産売却QA

不動産売買契約書の必要性

質問
お問合わせ内容【No.336】

始めてマンションを購入ですが、契約金最終金、諸経費等支払い無事登記が終わり引越ししました。

契約金、最終金は振り込みのため領収書が無いことに気づき不動産会社に確認したところ「振り込みの控えが領収書」ですと言われました。

本当に領収書は振り込みの控えで問題はありませんか?
回答
回答【No.336】

ご相談頂き有難うございます。

旭市 不動産売却専門 イエステーション旭店です。

不動産売買契約書の領収書はなぜ必要かご説明します。

将来本物件を売却する税務申告する時必要になる書類です。

今回購入した物件が将来売却されなければ特に必要がありませんが、売却の場合、税務申告時「売却物件の購入金額」の証明になる書類です。

税務申告では今回購入した同じ金額が購入した原価として申告できます。

領収書が無い場合購入額不明扱いとなり売却金額の5%がみなし原価と扱われます。

譲渡税計算(長期)

例えば 今回購入金額 1,000万円

将来売却金額 2,000万円

領収書がある場合

2,000万円-1,000万円×14.21%=142.21万円

領収書がない場合

2,000万円-(2,000万円×0.05)×14.21%=269.99万円
差引計算

269.99万円-142.21万円=127.78万円
結論
領収書が無い場合譲渡税は269.99万円

領収書が無い場合譲渡税は142.21万円

差  引  127.78万円

領収書がある場合はない場合より127.78万円譲渡税を多く支払わなくては成ならないことになります。

 

詳しくは、

旭市 不動産売却専門 イエステーション旭店にご相談下さい。

 

▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼

旭市・銚子市・匝瑳市・香取市・神埼町・多古町・東庄町の不動産の売却や
空地・空家に関するお悩みはイエステーション旭店へご相談下さい。

▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼

不動産売買契約書の必要性に関連する相談例

不動産売却に関するお問合せ受付中!

不動産売却を考えている方を応援!お気軽にご相談ください。

不動産売買相談百科は、売却に関する専門知識を持った担当者がお答えいたします。
下記注意事項をご確認後、必須項目にご記入の上、お問い合わせください。

お名前(ハンドルネーム可)必須
メールアドレス必須
お住まいの都道府県任意
お住まいの市区町村任意
ご相談内容必須

注意事項

※ご返答に、多少のお時間(1週間程度)がかかる場合がございます。

※頂いたご質問に、全てに、お答えできない場合もございます。

※頂いたご質問は、個人を特定されない形で、公開させて頂くことがございます。