千葉県、旭市・銚子市・匝瑳市・香取市・神崎町・多古町・東庄町の不動産売却に関するFAQ

TOP > 不動産売却QA

不動産売却QA

特定居住用財産の譲渡損失の損益通算及び繰越控除制度

質問
お問合わせ内容【No.308】

買い替え時に損失がでたときには、「居住用財産の買換え等の場合の譲渡損失の損益通算及び繰越控除」があるとききましたが、どんな制度ですか?
回答
回答【No.308】

ご相談頂き有難うございます。

神埼町 不動産売却専門 イエステーション旭店です。

特定居住用財産の譲渡損失の損益通算及び繰越制度

【内容】
マイホームを平成29年12月31日までに譲渡して、新たにマイホームを購入した場合に、旧居宅の譲渡による損失が生じたときは、一定要件を満たすものに限り、その譲渡損失をその年の給与所得や事業所得など他の所得から控除する制度です。

さらに損益通算しても控除しきれない譲渡損失は、譲渡の年の翌年以後3年以内に控除する制度。

【適用要件】
1、マイホームを譲渡すること。

2、譲渡の年の1月1日における所有期間が5年を超える住宅で日本にあるもの。

3、譲渡の年の前年1月1日から売却の年の翌年12月31日までの間に日本国内にある住宅で床面積50㎡以上のもの。

4、買換資産を取得した翌年12月31日までに居住の用に供する見込がある事。

5、買換資産を取得した年の12月31日において買換資産について償還期間10年以上の住宅ローンを有すること。

 

詳しくは、

神埼町 不動産売却専門 イエステーション旭店にご相談下さい。

 

▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼

旭市・銚子市・匝瑳市・香取市・神埼町・多古町・東庄町の不動産の売却や
空地・空家に関するお悩みはイエステーション旭店へご相談下さい。

▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼

特定居住用財産の譲渡損失の損益通算及び繰越控除制度に関連する相談例

不動産売却に関するお問合せ受付中!

不動産売却を考えている方を応援!お気軽にご相談ください。

不動産売買相談百科は、売却に関する専門知識を持った担当者がお答えいたします。
下記注意事項をご確認後、必須項目にご記入の上、お問い合わせください。

お名前(ハンドルネーム可)必須
メールアドレス必須
お住まいの都道府県任意
お住まいの市区町村任意
ご相談内容必須

注意事項

※ご返答に、多少のお時間(1週間程度)がかかる場合がございます。

※頂いたご質問に、全てに、お答えできない場合もございます。

※頂いたご質問は、個人を特定されない形で、公開させて頂くことがございます。