千葉県、旭市・銚子市・匝瑳市・香取市・神崎町・多古町・東庄町の不動産売却に関するFAQ

TOP > 不動産売却QA

不動産売却QA

他人物売買の責任と不動産取引の注意点

質問
お問合わせ内容【No.383】

他人物売買があると聞きましたが、①他人物売買とはどのようなことですか?

その結果私たちの不動産売買について②どのような点を注意すべきですか?

詳しく教えてください。
回答
回答【No.383】

ご相談頂き有難うございます。

匝瑳市 不動産売却専門 イエステーション旭店です。

他人物売買とは、売却時現在売主の所有になっていない物件を売却する行為です。

本来不動産売却時点では、所有権は売主の名義になっていなくてはなりません。

しかし、民法では他人物売買を有効として認めています。(民法560条)

これにより様々な問題点が発生しています。

反面、宅建業法では、一般消費者を保護する観点から他人物売買は原則禁止されています。

他人物売買が許されるのは、宅地建物取引業者が不動産取引に受領する金銭を保全する処置を講ずれば契約は認められています。

具体的保全方法は、手付金等の金額が取引金額の1/10で、且つ1,000万円以内の場合、又は金融機関、保険会社が手付金等返金保証する契約を締結している場合、又は、国土交通省が指定する「指定保管機関」が手付金等保管する場合等保全する場合に限られます。

契約時に売主の所有になっていなくても不動産引渡時点で売主の名義になっていれば最終的に問題とはなりません。
それ以外で売主として私たちが気をつければならない点は、次の点です。

売主として売買契約して、その結果他人物を買主に移転を移転することが出来なかった場合、売主は、買主に損害賠償する事で契約の解除ができます。悪意の買主の場合は、売主は、買主に損害賠償する事なく、契約解除ができます。
悪意の買主とは、売主が名義変更できないと知りながら売買契約した買主のこと。

不動産取引は、リスクが伴いますので、詳しくは

匝瑳市 不動産売却専門 イエステーション旭店にご相談下さい。

 

▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼

旭市・銚子市・匝瑳市・香取市・神埼町・多古町・東庄町の不動産の売却や
空地・空家に関するお悩みはイエステーション旭店へご相談下さい。

▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼

不動産売却に関するお問合せ受付中!

不動産売却を考えている方を応援!お気軽にご相談ください。

不動産売買相談百科は、売却に関する専門知識を持った担当者がお答えいたします。
下記注意事項をご確認後、必須項目にご記入の上、お問い合わせください。

お名前(ハンドルネーム可)必須
メールアドレス必須
お住まいの都道府県任意
お住まいの市区町村任意
ご相談内容必須

注意事項

※ご返答に、多少のお時間(1週間程度)がかかる場合がございます。

※頂いたご質問に、全てに、お答えできない場合もございます。

※頂いたご質問は、個人を特定されない形で、公開させて頂くことがございます。