千葉県、旭市・銚子市・匝瑳市・香取市・神崎町・多古町・東庄町の不動産売却に関するFAQ

TOP > 不動産売却QA

不動産売却QA

住宅ローンが売却金額以上の場合の売却方法

質問
お問合わせ内容【No.319】

.居住用不動産の売却金額以上に住宅ローンが残りますがその場合は売却できるのでしょうか。
回答
回答【No.319】

ご相談頂き有難うございます。

匝瑳市 不動産売却専門 イエステーション旭店です。

ご存知のように居住用不動産借入時に抵当権が設定されています。

この抵当権物件の売却は、抵当権残高を完済しなければ売却ができません。

今回の売却目的は資産の処分ですか?

資産処分と仮定して回答します。

1、完済に必要な金額を自己資金で調達する。

2、近親者より借入する。

3、公的資金の借入する。

以上の方法で完済に必要金額を調達する方法があります。

調達出来なければ不動産売却金額が抵当権金額以上になるまで売却を待たなければなりません。

今回の売却目的が住み替えの場合は買換ローンを利用して、住み替えをする方法があります。

但し、買換ローンの借り入れ条件のハードルは高いです。

1、買換ローンを取り扱っている金融機関を探さなくてはなりません。

2、抵当権抹消不足金額+売却諸経費(抵当権抹消費用+司法書士手数料+仲介手数料等)が必要になります。

3、新規に購入物件の物件金額+購入諸経費(抵当権設定費用+登録免許税+司法書士手数料+仲介手数料等)

が必要になります。

4、2、3の必要金額を売却金額より差し引くと新規購入物件の金額が制限されます。

5、新規購入金額を希望金額まで住宅ローンを借入る場合、返済比率(年収が高いことが必要)、

担保不足が生ずる可能性あるため金融機関の審査が下りない可能性が多くなります。

詳しくは、

匝瑳市 不動産売却専門 イエステーション旭店にご相談下さい。

 

▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼

旭市・銚子市・匝瑳市・香取市・神埼町・多古町・東庄町の不動産の売却や
空地・空家に関するお悩みはイエステーション旭店へご相談下さい。

▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼

住宅ローンが売却金額以上の場合の売却方法に関連する相談例

不動産売却に関するお問合せ受付中!

不動産売却を考えている方を応援!お気軽にご相談ください。

不動産売買相談百科は、売却に関する専門知識を持った担当者がお答えいたします。
下記注意事項をご確認後、必須項目にご記入の上、お問い合わせください。

お名前(ハンドルネーム可)必須
メールアドレス必須
お住まいの都道府県任意
お住まいの市区町村任意
ご相談内容必須

注意事項

※ご返答に、多少のお時間(1週間程度)がかかる場合がございます。

※頂いたご質問に、全てに、お答えできない場合もございます。

※頂いたご質問は、個人を特定されない形で、公開させて頂くことがございます。