千葉県、旭市・銚子市・匝瑳市・香取市・神崎町・多古町・東庄町の不動産売却に関するFAQ

TOP > 不動産売却QA

不動産売却QA

相続物件、身内居住の土地、建物明渡しについて

質問
お問合わせ内容【No.368】

父が他界し、相続物件の中で、父所有の土地、建物があります。

建物には弟夫婦が3年前から居住しています。

今回相続にあたり私がこの建物、土地を相続する事になりました。

弟には現金、預金を相続してもらうことになっています。

このような場合、弟夫婦に立退き明渡しはどのように手続きしたらよろしいでしょうか?

居住権は発生しませんか?
回答
回答【No.368】

ご相談頂き有難うございます。

多古町 不動産売却専門 イエステーション旭店です。

相続に当たり相続の分割協議書を作成されましたか?

お父様と弟さんの間で土地、建物賃貸借契約書はありますか?

相続分割協議書は相続人全員が分割協議の内容を納得して実印にて捺印しているはずです。

当然弟さん夫婦も分割協議書の内容通り、遺産として現金、預金が受領できる予定です。

別途賃料の支払い、賃貸借の契約書がないと仮定した場合、無償でお父様より土地、建物を借りられたと判断できます。

今回弟さんご夫婦の土地、建物の居住は使用貸借に該当しますので、ご心配の居住権は発生しません。

日頃弟さんとの付合いは円満であれば弟さん夫婦に土地、建物明渡しは話合いで解決できるのではないでしょうか。

お話の内容からトラブル要素は少ないように思います。

話合いの中で土地、建物の明渡しは相当な期間を定めて弟さん夫婦に通知すればよいのではないでしょうか。

相当の期間とは、弟さん夫婦が通常の引越し可能期間と考えましょう。

出来れば弟さんご夫婦の無理のない希望をいれて決められてもよいでしょう。

詳しくは、

多古町 不動産売却専門 イエステーション旭店へご相談下さい。

 

▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼

旭市・銚子市・匝瑳市・香取市・神埼町・多古町・東庄町の不動産の売却や
空地・空家に関するお悩みはイエステーション旭店へご相談下さい。

▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼

不動産売却に関するお問合せ受付中!

不動産売却を考えている方を応援!お気軽にご相談ください。

不動産売買相談百科は、売却に関する専門知識を持った担当者がお答えいたします。
下記注意事項をご確認後、必須項目にご記入の上、お問い合わせください。

お名前(ハンドルネーム可)必須
メールアドレス必須
お住まいの都道府県任意
お住まいの市区町村任意
ご相談内容必須

注意事項

※ご返答に、多少のお時間(1週間程度)がかかる場合がございます。

※頂いたご質問に、全てに、お答えできない場合もございます。

※頂いたご質問は、個人を特定されない形で、公開させて頂くことがございます。