必ずチェックしたい日当たりと目線

完成済みの建物に入ったら、まず確認したいのが各部屋の日当り具合や、窓からの眺望です。

そして、まわりの家から影響・・・具体的にいうと、隣家の窓から家の中が見えてしまわないかをチェックしたいところです。

良心的な建売会社であれば、隣り合う家同士で窓の位置を変えます。

「窓を開けたら、目の前に隣の窓」というようなことを避けるわけです。

もし、窓と窓が向かい合っていたら、客の事をあまり考えてくれていないのかな。

その他の部分も同様に「よく考えていない」可能性がありますね。

同様に、道路からの影響もチェックしましょう。

道行く人から家の中が覗かれないか、そして泥棒に狙われないか、も確認すべきポイントです。

家と家との間隔が狭く、泥棒が身を潜めやすい場所がある住宅はNG。

このほか、家と外の関係を見る時は、駐車場もチェックしましょう。

つまり、道路から入れやすいかどうか、です。

それらを実地に確認できるのが、建売住宅の長所といえるでしょう。