千葉県、旭市・銚子市・匝瑳市・香取市・神崎町・多古町・東庄町の不動産の売却と購入や空地・空家に関することはイエステーションへご相談下さい

TOP > スタッフブログ > 固定資産税って何?

固定資産税って何?

今回のテーマは『固定資産税』についてです。

これからマイホームを購入される方には必ずかかわってくることなので知っておいても損はありませんのでご説明いたします。
土地や建物を所有している人に毎年課される地方税が、固定資産税です。
一般的に、木造住宅である一戸建てより、鉄筋コンクリート造のマンションの方がより耐用年数が長いと考えられているため、マンションの減価償却期間が47年であるのに対して、一戸建ての場合は22年に設定されています。

耐用年数が長いということは、固定資産税を払う期間も長いということ。
加えて、土地の持ち分が少ない分、マンションでは評価額に占める建物の割合がより多くなります。
一戸建ての場合は22年経てば建物の価値はほぼなくなり、土地のみに課税されるのに対し、マンションの場合は、47年間は、建物に対する固定資産税を払い続ける必要があるのです。

いくらかかるかは、場所、建物等によって変わってきますので一概には言えませんので、詳しく知りたい場合は、弊社の担当営業にお尋ねください。

では、また!

 

yjimage

 

▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼

旭市・銚子市・匝瑳市・香取市・神埼町・多古町・東庄町の
不動産の売却と購入や空地・空家に関するお悩みは
イエステーション旭店へご相談下さい。

▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼