千葉県、旭市・銚子市・匝瑳市・香取市・神崎町・多古町・東庄町の不動産の売却と購入や空地・空家に関することはイエステーション旭店へご相談下さい

TOP > スタッフブログ > ツーバイフォー(2×4)工法と在来工法の違い

ツーバイフォー(2×4)工法と在来工法の違い

今日は、最近よくご質問を受ける、

『ツーバイフォーと在来工法ってどっちが良いのですか?』
についてお話をさせて頂きます。

家を建てる時もしくは建売住宅の購入を検討する際に
「ツーバイフォー(2×4)工法と在来工法とどっちがいいかな?」
と悩む方も多いと思います。

そこで、まず2つの違いを説明させて頂きます。

ツーバイフォー(2×4)工法と在来工法の違いは

24-300x130

上記の図のように建物の強度を柱と筋交で取るか、外壁面で強度を取るか
のどっちで組むのかということです。

2つの工法にはもちろん一長一短が有ります。

次回は長所と短所についてご説明させて頂きます。

 

▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼

旭市・銚子市・匝瑳市・香取市・神埼町・多古町・東庄町の
不動産の売却と購入や空地・空家に関するお悩みは
イエステーション旭店へご相談下さい。

▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼