千葉県、旭市・銚子市・匝瑳市・香取市・神崎町・多古町・東庄町の不動産購入に関することはイエステーション旭店へご相談下さい

TOP > 購入をお考えの方 > 住宅ローン金利の種類

住宅ローン金利の種類

金利のタイプは大きく分けて3つのタイプがあります!

現在は各金融機関に手様々な住宅ローン商品があります。それぞれどんな「メリット」「デメリット」があるのか、事前に確認し、実際に借入れする前に判断材料を知っておきましょう!

  固定金利 変動金利
  [ a :全期間固定金利型 ] [ b :固定金利期間選択型 ] [ c :変動金利型 ]

全期間固定金利型 固定金利期間選択型 変動金利型
・借入時の金利が全期間
変わらないタイプ
・「当初〇年間〇%」など、一定期間
金利が固定されるタイプ
・「当初〇年間〇%」など、一定期間
金利が固定されるタイプ



・金利上昇局面に有利

・借入時に返済期間全期間の
返済計画が確定

・固定金利期間中は、返済額を
確定できる

・金利の変動を加味して固定期間
の選択ができる

・金利下降局面に有利

・返済中に金利水準が下がると
それに合わせて返済額も減少





・変動金利型(b・c)と比較して
一般的に金利が高め

・売買代金の100%までの融資

・借入後に金利が低下しても
返済額が変わらない。

・固定期間終了時は、その時の
基準金利が適用されます。
金利が上昇していると当初固定
期間終了後は返済額が増額

・返済額や支払い利息が確定しない

・借入後に金利が上昇した場合、
未収利息が発生する可能性がある 


・代表的なものとして
「フラット35」が挙げられます。

「フラット35」…民間金融機関や
ネット銀行と住宅金融支援機構
(旧・住宅金融公庫)が提携して取り
扱っている商品

・主に民間金融機関の取扱いによるもの

・各金融機関特色を活かした商品に違いがあります。
(金利上昇に伴うリスク軽減の為の特約や団体信用生命保険)

あなたはどのタイプ?!

  • ★何年後には、妻が専業主婦に
  • ★何年後には、子供が独立する
  • ★何年後には、妻がパートに
  • ★何年後には、給与が上がる
  • ★何年後には、子供が欲しい
  • ★何年後には、退職予定

各金融機関によって「商品の内容」「返済条件」も異なるから、
色々な金融機関の住宅ローンに詳しい専門家(不動産業者)に相談してください

過去の住宅ローン利率等の推移状況

過去の住宅ローン利率等の推移状況

実際にシミュレーションしてみると…

※借入2,000万円・返済期間35年・変動金利にて計算

実際にシミュレーションしてみると

ローンの借入額が同じでも、金利の違いによって元金の減り具合も 利息の総支払額も変動します。低金利だからといって無理な返済に ならない様、お気をつけください。

※このシートの中の金額は全て概算になります。詳細は税務署各金融機関等にお問い合わせ下さい。